借地権が消滅する制度

お金借地借家法の旧法と新法で大きく異なる点は、地主を保護するために、期間が満了したら借地権が自動で消滅する制度になります。旧法の場合は土地を貸すと、返してもらうのに時間がかかることが多かったです。この問題を改善するために、借地権が消滅する制度が定期借地権と言います。この制度ができたことで地主は確実に土地を返してもらうことができるようになりました。

一般定期借地権は契約の存続期間が50年以上と長めに設定してありますが、その契約が終了すれば借地権が確実に消滅するという点では、定期借地権とにた内容に契約になります。一般定期借地権で土地を貸せば毎月の地代収入を得ることができるようになります。

契約が終了したら建物も一緒に買取る契約が「建物譲渡特約付借地権」です。契約期間は30年以上を設定し、その契約が終わったら土地と一緒に建物を買取ることで借地権が消滅する契約になります。

このように借地借家法の旧法と新法では内容が大きく異なりますが、その中でも確実に借地権を消滅させることができる契約ができる制度が、新法の大きな特徴となっています。新法の内容で契約をすることで、地主と借りる側の双方でトラブルを防ぐことができます。


▼関連記事▼

地主も保護される

スーツの男女借地借家法は立場が弱い借りる側を保護する要素が大きかったですが、そのために土地を貸してしまうと、返してほしいタイミングで取り戻すことが難しかったのが、借地借家法の旧法の特徴でした。この問題を解決してお互いのトラブルを解決するために平成4年の8月に新法が制定されました。新法が制定されたことで、地主の負担を大きく減らすことができましたし、借りる側の負担が増えることも無いので、お互いにメリットがある借地借家法の新法の特徴となっています。

新法の特徴としてトラブルにならないために契約期間をしっかり定めて法律が改正されました。旧法では契約期間があっても立ち退いてもらえないトラブルが発生することがありました。そのようなトラブルを解決するために、旧法には無かった決められた確定期限で契約が終了する「定期借地権」、「一般定期借地権」、「建物譲渡特約付借地権」、「事業用借地権」が制定されました

この内容が盛り込まれたことで、地主も借りている側も問題なく契約することができて、その期限が過ぎたら、それぞれの内容に従って貸していた土地が返ってくるようになりました。だからと言って借りている側が不利になるような内容ではありません。


▼関連記事▼

借地借家法を理解する

土地借地借家法は新法に変わってから、内容も大きく変わった経緯がありますが、実際に理解している人は少ないです。土地を買うのではなくて、土地を借りてそこに建物を建てるときに知っておかなければいけない法律が「借地借家法」です。借地借家法とは建物と土地について細かい規定がある法律になります。土地や建物を貸している側よりも土地や建物を借りている人の立場が弱いことが多いので、借りている側を保護するために制定されたのが借地借家法です

この法律が制定されてから長い期間が経ち改正が必要という動きになり、平成4年の8月に改正された新法が施行された経緯があります。 旧借地借家法は土地を貸してしまうとなかなか土地を取り戻すことができずに不利益な形となってしまうことが多かったです。借りている側を保護する法律が、地主にとって大きな不利益になってしまうことになるので、この問題を解決するために法律が改正された経緯がありました。

借りている側を保護するためだけでなく、地主も守るために契約期間を定めたのが新法になります。新法の大きな特徴として「定期借地権」、「一般定期借地権」、「建物譲渡特約付借地権」、「事業用借地権」が制定されたことです。このように細かく契約が分けられたことで、お互いがトラブルになることなく契約することができます。 当サイトでは借地借家法の旧法と新法の違いを解説しています。どこがどう変わったのかその違いについて知りたい人は必見の内容となっています。


▼関連記事▼