借地借家法を理解する

土地借地借家法は新法に変わってから、内容も大きく変わった経緯がありますが、実際に理解している人は少ないです。土地を買うのではなくて、土地を借りてそこに建物を建てるときに知っておかなければいけない法律が「借地借家法」です。借地借家法とは建物と土地について細かい規定がある法律になります。土地や建物を貸している側よりも土地や建物を借りている人の立場が弱いことが多いので、借りている側を保護するために制定されたのが借地借家法です

この法律が制定されてから長い期間が経ち改正が必要という動きになり、平成4年の8月に改正された新法が施行された経緯があります。 旧借地借家法は土地を貸してしまうとなかなか土地を取り戻すことができずに不利益な形となってしまうことが多かったです。借りている側を保護する法律が、地主にとって大きな不利益になってしまうことになるので、この問題を解決するために法律が改正された経緯がありました。

借りている側を保護するためだけでなく、地主も守るために契約期間を定めたのが新法になります。新法の大きな特徴として「定期借地権」、「一般定期借地権」、「建物譲渡特約付借地権」、「事業用借地権」が制定されたことです。このように細かく契約が分けられたことで、お互いがトラブルになることなく契約することができます。 当サイトでは借地借家法の旧法と新法の違いを解説しています。どこがどう変わったのかその違いについて知りたい人は必見の内容となっています。


▼関連記事▼