借地権が消滅する制度

お金借地借家法の旧法と新法で大きく異なる点は、地主を保護するために、期間が満了したら借地権が自動で消滅する制度になります。旧法の場合は土地を貸すと、返してもらうのに時間がかかることが多かったです。この問題を改善するために、借地権が消滅する制度が定期借地権と言います。この制度ができたことで地主は確実に土地を返してもらうことができるようになりました。

一般定期借地権は契約の存続期間が50年以上と長めに設定してありますが、その契約が終了すれば借地権が確実に消滅するという点では、定期借地権とにた内容に契約になります。一般定期借地権で土地を貸せば毎月の地代収入を得ることができるようになります。

契約が終了したら建物も一緒に買取る契約が「建物譲渡特約付借地権」です。契約期間は30年以上を設定し、その契約が終わったら土地と一緒に建物を買取ることで借地権が消滅する契約になります。

このように借地借家法の旧法と新法では内容が大きく異なりますが、その中でも確実に借地権を消滅させることができる契約ができる制度が、新法の大きな特徴となっています。新法の内容で契約をすることで、地主と借りる側の双方でトラブルを防ぐことができます。


▼関連記事▼