地主も保護される

スーツの男女借地借家法は立場が弱い借りる側を保護する要素が大きかったですが、そのために土地を貸してしまうと、返してほしいタイミングで取り戻すことが難しかったのが、借地借家法の旧法の特徴でした。この問題を解決してお互いのトラブルを解決するために平成4年の8月に新法が制定されました。新法が制定されたことで、地主の負担を大きく減らすことができましたし、借りる側の負担が増えることも無いので、お互いにメリットがある借地借家法の新法の特徴となっています。

新法の特徴としてトラブルにならないために契約期間をしっかり定めて法律が改正されました。旧法では契約期間があっても立ち退いてもらえないトラブルが発生することがありました。そのようなトラブルを解決するために、旧法には無かった決められた確定期限で契約が終了する「定期借地権」、「一般定期借地権」、「建物譲渡特約付借地権」、「事業用借地権」が制定されました

この内容が盛り込まれたことで、地主も借りている側も問題なく契約することができて、その期限が過ぎたら、それぞれの内容に従って貸していた土地が返ってくるようになりました。だからと言って借りている側が不利になるような内容ではありません。


▼関連記事▼